水墨花
​ 「色紙に描いた水墨画」
   そんな想いを生ける花
 また、この花と共に行う
     水墨花点前は雅な
 心の通う楽しいものです。
                                                  理春

「古流東洋会のいけ花」

 古流東洋会では、花が自然の中にあるときの、いわばあるがままの姿が最も美しいと考え、その美しさを大切に表現することを目指し、活ける心を重んじます。

 花を活ける心とは、花を愛する心であり、小さな生命を慈しむ心です。その精神性が、古来より日本に伝わる東洋的な思想に通じているところから「古流東洋会」と名付けられました。

Koryutoyokai school

The Koryu-Toyokai believe that natural flowers, found in a field, or in the corner of a garden are the most beautiful. Our flower arrangements express the value of their beauty and ephemeral life. A mind at peace that loves flowers and honors their fleeting life also respects people. This is intrinsic to the philosophy of Buddhism of Esyofuni and Inhaguji. As Buddhism spread from an oriental country, Touyo, the name of the school reflects this and is called Koryu-Toyokai.

創流者 服部 理春

幼少より華道・茶道などの伝統文化を学ぶ

1960年 古流東洋会を創流

1970年 「水墨花点前」を創案・発表

2003年 逝去

  • Facebook Social Icon

Copyright © 古流東洋会 水墨花点前. All Rights Reserved.

ADDRESS

〒​154-0023

東京都世田谷区若林4-30-5

Tel: 03-3421-2966